高知県四万十市・ニワトリノニワの放し飼い有精卵(池田なません)

放し飼いで免疫力が向上、薬剤に頼らない養鶏を実践

 

 ニワトリノニワは、日本最後の清流といわれる四万十川と黒潮の流れる土佐湾に囲まれた丘の上にあります。周りに民家がなく、静かで自然に恵まれた環境のなか5,000平方メートルの広々とした農場に1,800羽の鶏が放し飼いされ、のびのびと暮らしています。一般のケージ飼い採卵鶏の飼育密度に比べると200倍もの低密度です。
 日本の養鶏場では何万羽もの大羽数飼育が主流となっているのに、ニワトリノニワは放し飼いという1%にも満たない飼育方法で卵を生産しているのは、なぜでしょう? ニワトリノニワ代表の池田さんは「放し飼いのメリットは主に免疫力の向上です」と説明します。

 スーパーなどで大量に販売される卵を産む鶏は、巨大な工場のような養鶏場の中で鉄製のケージ(カゴ)に入れられ、餌を食べる以外はほとんど身動きできない状態で過密飼育されます。さらに最先端の養鶏場では完全密閉型で空調管理され、太陽光を遮断してLED照明で人工管理されています。場内を薄暗く調整し、可能な限り産卵以外のことに体力を使わないようにされており、走り回ることも、羽ばたくこともなく一生を終えます。
 これでは運動による免疫力の向上は見込めませんので、一般の養鶏場では病気を防ぐためにワクチンや抗生物質に頼らざるを得ないのです。一方、放し飼いでは太陽の光を存分に浴びるので鶏の体内で免疫力を向上させるビタミンDが生成されます。また、自由に走ったり、羽ばたいたりすることでリンパ球の一つであるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活発化します。NK細胞は体内に侵入したウイルスや悪性変化を起こした細胞を攻撃して殺すので免疫力向上に直結します。
「鶏を放し飼いすることで、彼らが本来持っている自己免疫力を高めて健康維持に委ねています。これは人間にもいえることですが、進化の早い未知なるウイルスや細菌に対してワクチンや抗生物質では無力なのです」と池田さんは指摘します。

有精卵にする理由・・・雄鶏が外敵から雌鶏を守る、鮮度維持に優れる

 

 有精卵は雌鶏の集団の中に雄鶏を入れることで、自然交配が行われて産まれます。しかし、日本で販売されている卵のほとんど(99.9%ともいわれる)が無精卵です。ニワトリノニワはなぜ有精卵にこだわるのでしょう?  池田さんは「有精卵にする理由は二つあります。一つは自然に近い放し飼いでは、上空から外敵のタカやカラスが襲ってきます。この外敵襲来に対してボス鶏を中心に雄鶏が集まり敵を撃退して雌鶏を守ります。ニワトリノニワでは飼育している鶏の1割弱(10羽中に1羽)を雄鶏にしています。
 ところが、雄鶏は餌をたくさん食べるけれど卵を産まないので経済的にマイナスになります。一方、鶏は雌鶏だけでも卵を産みます。そこで鶏舎で守られた “安全な”近代養鶏では雌鶏だけを飼育して無精卵を生産しているのです」と説明してくれました。  有精卵は鶏の体温に近い28℃くらいの温度でおよそ28日間加温すると孵化してヒヨコ(雛)が生まれます。卵の中の白身はタンパク質で黄身は一個の細胞です。有精卵には生命を生み出すすべての要素が含まれており、鮮度の維持にも優れているといいます。

飼料(餌)へのこだわりの理由・・・輸入飼料への大きな懸念

 ニワトリノニワでは、餌を国産・非遺伝子組み換え・ポストハーベストフリーにこだわっていますが、なぜでしょう?

 池田さんは「日本の食料自給率はおよそ39%で、鶏卵の自給率は96%ですが飼料自給率はなんと13%程度(2016年度)。海外の安い飼料が手に入らなければ卵は食べられなくなるのです。そんな海外依存の農業を子どもたちに残したくないとの思いから、穀物はなるべく国産・非遺伝子組み換え・ポストハーベストフリーのものにこだわっています」と言います。

 海外から輸入される穀物の多くが大量に農薬をかけて育てられた遺伝子組み換え穀物です。また輸入穀物は収穫後の長期輸送・長期保存期間に発生するカビや腐敗、虫や小動物などの食害を防ぐために大量の防カビ剤、殺菌剤、殺虫剤、殺鼠剤などの農薬が使われていますが、ポストハーベストフリーとはそれらの農薬が使われていないものを指します。  池田さんは「海外から輸入されるために防カビ剤がたくさん混ぜられた穀物や魚粉では鶏の健康にかかわる恐れがあるからです。いずれも国産の飼料にこだわる理由です」と答えてくれました。
 ニワトリノニワでは穀類は地元産のお米、魚粉は主に土佐清水で水揚げされた宗田鰹を与えています。

「ニワトリノニワ」は、昔はどこでも見られた庭先養鶏の景色

 「ニワトリノニワ」という農場名はとてもユニークですね。この農場名の誕生にはNHKのプロフェッショナルという番組が大いに関わっているそうです。
 池田さんは「番組内で高知県が誇るデザイナーの梅原真さんが農場名をニワトリノニワと名づけ、卵パックのラベルデザインをしてくださったのです。
 その名の意味は、かつてはどこにでも見られた古き良き風景、庭先で鶏がのんびり日向ぼっこしているような養鶏場の景色だということです」とその由来を明かします。
 また、卵パックに記載された「池田なません」という呼称もユニークです。その意味は、「生で美味しく食べられるものは煮ても焼いても美味しい。魚でいえば刺身用のような鮮度の良い卵を作りたいとの思いから生専用の卵、なませんと名づけた」とのこと。う〜ん、面白い!

四国八十八箇所のお遍路で気づいた「幸せの基本」

 池田さんが養鶏の道に入ったのはおよそ10年前、新規就農でした。前職を辞めて2008年の夏に四国八十八箇所の札所を歩くお遍路に挑戦しました。全長1,200キロメートルといわれる道のりをただひたすら歩き続けました。その単調な日々のなかで感じたことは、「人間は乾いたら冷たい水を飲み、空腹を感じたらご飯を食べる。そんな単純な欲求が満たされるだけで実はとても幸せなのだ、ということだった」そうです。このお遍路の旅の途中で立ち寄った四万十川流域で放し飼いをしている養鶏家に出会い、触発されて自らも放し飼い養鶏の道に入りました。

 「生命としての基本の部分(食)が安心して満たされること。それが幸せの基本であると気付いたのです。ニワトリノニワは、例えコストが高くても安心できる美味しい卵を作り、未来の日本に残そうとしています」と池田さんは微笑みました。  四万十河口・放し飼い・有精卵をぜひご賞味ください。